2017年3月27日月曜日

Ulefone PowerⅡが179ドルで予約開始されました


あのUlefone Powerの後継機が誕生しました
Ulefoneといえば6050mAhのバッテリーを搭載したUlefone Powerが有名だと思いますが、スペックが向上して後継機が誕生しました。

大まかなスペックはこちら
バッテリーは前回同様6050mAh、RAMは4GBへパワーアップしROMは16GBから64GBへ大幅増量、CPUはgooのg07やFREETELのRAIJINに搭載されているMT6750Tを採用しています。

恐らく端末が普通の大きさで詰める限界容量
前機種からバッテリーが増量していないのは残念でもありますが、10000mAhとか積まれてOUKITEL K10000みたいになったらそれはそれで趣向が違う気がします。
程よい大容量で性能と品質が向上していればそれだけでこいつはいい気がします。


GPSとGlonassの2刀流
Android7.0を搭載している点や指紋認証に対応している点、4GやVoLTEに対応している点など最近の中華スマホが取り入れてる要素はだいたい入っていますが、スペックとして表しにくいGPS精度のような細かい点もしっかりしているようです。
中華スマホのGPSといえば2年ほど前に電車でラウンドワンに行った時、帰ろうとしてスマホのマップで最寄り駅までの道のりを調べたもののコンパスがないどころか現在地がブレブレで場所がわからず結局終電を逃しTwitterの友達の友達の家に泊まることになった思い出があります。
そんな悲劇もこいつなら起こらないでしょう。


カラバリは3色
ブラックとシルバーとゴールドの3色が用意されています。
木目調の柄がPowerのときは出ていましたが今回は面白い柄は出てくるのでしょうか?

予約期間中に購入すると40ドル分の周辺機器がついてくるそうです。
カバーと保護フィルムとバンカーリングが4月10日までに購入するとついてきます。
179ドルで購入できるのも4月10日までです。
付属品の事を考えると予約期間中はBanggoodからの購入が最もお得だと思います。

中身はこんな感じだそうです
OTGケーブルがついてくる以外は割と普通の中身ですね。
開封の儀の悦びを奪いやがって…許さんぞ!
まあ実際に開けるのと開いてる画像を見るのでは悦びの大きさが全然違いますけどね。

購入はこちらから
https://goo.gl/JJzDqM



0 件のコメント:

コメントを投稿