2016年7月14日木曜日

Android5.1搭載!クアッドコアでサクサク動く最新スマートウォッチのフォトレビュー


予約注文していた NO.1 D6が届きましたので開封レビューします。
性能や出来ることについては前回まとめているのでそちらをご覧ください。

開封の儀

DT NO.1
童貞がNO1とかこれもう中華思想わかんねぇな。

横にはスペックが書いてありました
3Gに対応していそうですが、この時はどこにSIMスロットがあるのかわかっていませんでした。

開けたら説明書が

どかしたらスマートウォッチが鎮座していました

付属品一覧
左から、説明書、本体、マグネット充電器、謎のタッチペン

タッチペンは感度もそれほど良くありませんでしたがスマートウォッチの小型画面に疲れないようちょっとした気遣いでしょう。
充電器はマグネット式です。

外見 

ステータスバーが画面外にあるよくあるスタイルです。
保護フィルムが最初から貼ってありますが、剥がして欲しそうに右上が出っ張っているので剥がしました。
サファイアガラスなので傷は大丈夫でしょう。

右側面
電源ボタンだけです。

左側面
何もありません。

ベルトは合成革ですが安っぽくはなく、糸も外れていなくてゴムのベルトよりもかなり印象が良いです。

裏面はマグネット充電口と心拍数を測る装置があります。

充電するとこんな感じです。
マグネット充電はぴったりくっついてくれるのでいいですが、少しマグネットが弱い気がします。
充電しながら操作しようとすると抜け落ちますが、寝ている間に充電するでしょうし使用には問題ないかと。

ここでSIMカードを入れるようなスロットが見当たらないので裏面を模索していたのですが、右下に爪が入るくらいの隙間があったので思い切って剥がしてみたら外れました。
バッテリー「やぁ~~~~~~」

ひっくり返したら千切れそうな配線くんとSIMスロットくんが居ました。

スライドすると開くようになるので

SIMカードを入れて締めました。
ここではSo-netの0simを入れました。
SIMのサイズはnanoSIMでした。
使えるかはまた次の記事でレビューします。

Banggoodでは25日までセール中で8282円で販売しております。
私が予約受付中のセールの時に買った時でも1万円ちょうどくらいだったのでかなりお買い得になっています。
日本への送料無料ですので買うなら今しかないと思います。
購入はこちらから






0 件のコメント:

コメントを投稿