2016年6月5日日曜日

3000円で買える高性能無線LANルーターを買いました

最近家のWi-Fiの調子が悪く、部屋に電波が来ないどころか動画の再生すらままならなくなってきました。
私の家は200Mbps契約なのでそこまで早いわけではないですがWi-Fiで動画すら見れないのは使いものにならないのでルーターを買い換えることにしました。
今回買ったWi-FiルーターはELECOMのWRC-F1167ACF2です。

シンプルな外見



このWi-Fiルーターはかなり高頻度でAmazonタイムセールで2980円になりすぐ売り切れるわけでもないので買いたい人はタイムセールを狙うといいです。
タイムセールのパソコン周辺機器のカテゴリに出てきます。
同価格帯でここまでのスペックのルーターは私が探した限りありませんでした。
性能的には

  • 最大867Mbpsの無線を飛ばせる
  • IEEE802.11ac対応
  • 5Ghz対応
  • 中継器として使えたり有線機器を無線化できる機能付き

というように3000円にしては十分すぎる性能です。
3000円以下だとまず300Mbpsを超える無線LANルーターが見つからないですからね。
上位モデルでは有線LANポートがGigabit対応だったり1300Mbps対応とのことですが有線LANポートはモデムの方で1つしか使っていませんし無線は200Mbps契約です。(近日1Gbps契約になるけど)
ちなみに今まで使っていたルーターは5年ほど使っており最大300Mbps通信でした。

何故かとってある箱
この時代に既にiPhone表記ってあったんですね…
300Mbpsすら出なくなったし経年劣化です。

それでは今回買った無線LANルーターのレビューに入りたいと思います。

開封


箱は無地
ELECOMってこんな地味な会社だったっけ…って思ったらフラストレーション・フリー・パッケージでした。

開けるとこんな感じ

内容物
本体とLANケーブルと充電器です。
これにあと説明書と設定用DVD(パソコンからやる人向け)がついていました。

説明書の配置に何故か凝ってる
見やすくていいし値段に不満もないからいいんだけどELECOM余裕ありますね…


LANポートが4つありますがどれも100Mbpsです。
有線接続目的じゃあまり使えなさそうですね…
Wi-Fiの方が早い始末だし。

接続設定方法

設定はスマホから行えます。
専用のアプリのダウンロードを説明書から誘導されるのでまずは説明書を見てアプリをダウンロードしましょう。
SkyLink Managerというアプリです。

説明書がわかりやすく書いてあるのでここで説明するようなことが少ないのですが、流れとしてはモデムとルーターを繋いで電源を挿してスマホから設定するだけです。

スマホからルーターモードから中継器などに切り替えることができます。
設定が簡単すぎて特に説明することがなかったので速度測定の結果を貼ります。

左がiPhoneで右がNexus5Xです。
契約が200Mbpsなので馬鹿みたいに早くなるわけではありませんがスマホの通信速度としては十分な速度になっております。
また、1回目は近くで、2回目以降は離れた部屋で測ったのですが速度が殆ど変わらず電波の強さもなかなかです。
ちなみに有線接続のパソコンが上り130Mbps、下り90Mbpsくらいなので半分くらいの速さは出ています。

契約が1Gbpsになったらまた測り直しますがなかなかいい買い物でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿