2016年3月15日火曜日

日向美ちくわ姫決定戦の会員証をICカードステッカーにした

みなさんちくわは集まっていますか?
私は過度な音ゲーライフによりjubeatの赤10曲のGarakuta Doll Playが100kスコアが上がるなど今までにない音ゲーライフを過ごしております。
そんな中、ちくわ集めに追われてひなビタ楽曲縛りに苦しめられていたのもまた事実で、めうめうぺったんたん、地方創生チクワクティクス、エキサイティングもちゃちゃの3曲を延々とプレイするのは精神的に滅入ってしまい、金はあれども腕が動かないという状態にまで追い込まれました。
実際、3曲ともjubeatで860kくらいがハイスコアなんですけど、ゲーセン入店1発目がそのくらいで、それ以降はスコアが下がっていくのが悲しいくらいでした。
とは言え、めったにないひなビタのイベントですからやるからにはちくわ100本集めたく頑張ってきました。
jubeatばっかやってても飽きるし、イベント対象なので、苦手ながらもポップンもやっていたら28くらいまでは曲によってはクリアできるようになりました。
ちくわ姫対象外機種で、非ひなビタ楽曲をやり、対象機種でひなビタ楽曲をやり続けるという2週間でした。

ラウンドワン2日漬け、日頃のゲーセン通いにてようやく100本集まったちくわ
ちくわが100本集まるとはんこが5つぺったんされるので一応上限なのですが、Twitterには1000本集めている人などもいて何者なんだ…と思いました。


とまあ長い前置きはおいといて、この会員証なのですが、ICカードに貼れるシールとサイズが同じなのでは?と思い急遽ICカード用のステッカーを購入しました。

A-oneの社員証とかに貼るシールらしい


IDカード用とありますが、ICカードとサイズが同じです。
実際に貼ると1mm程大きいですが、貼った面を下にし、カッターで切っていけばちょうどいいサイズになります。

裏面

中身
開けてから気が付きましたが、はがきサイズのシールに2等分されてステッカーが切られているので、10枚入で20枚作れます。
ICカードそんなに持ってないので一生分はありそうです。

印刷の仕方

A-oneの公式サイトに行き、ラベル屋さんのページへ行きます
A-one公式サイト
http://www.a-one.co.jp/

ChromeとEdgeではブラウザで印刷できないそうなのでダウンロードします

最新版を無料インストールします
これでインスールは完了です。
勝手に起動するので操作していきます

下の検索バーでラベルの品番を入力
 今回使ったのは品番29532です。

ラベルを選択するとこのような画面になります。


今回は既存の画像を使うので右上の画像を選択し、新規に貼り付けるを選びます
 左上にありますように、一度に2枚分を印刷するので、1枚目ができたらもう片方を選択して2枚目の画像を選んであげてください。
右上の印刷から印刷できますので、デザインが決まったら印刷してあげてください。

印刷の設定ですが、フチなし印刷にするとはみでます。
あと、印刷品質は標準でも十分綺麗です。
練習用用紙が付いているのでそこに印刷してみましょう。

はみ出ためう
画像ではわかりづらいですが、デザインしたものより縁のはみで方が大きく、ここでふちなし印刷の存在に気が付きました。
写真はとっていませんが、1回目の印刷ではA4設定のままやってしまい半分しか移りませんでした。
練習印刷は大切です。
あと、この時気になったのですが、黒のインクが乾かないで出てきました。
写真用印刷を普通の紙にするとインクが溢れるんですね。

本番印刷
めっちゃ綺麗に印刷されました。
6000円の結構型落ちのプリンターでもこの質なのでプリンターならなんでも行けると思います。

貼り付け作業

完成品をICカードに貼る
Amazonのレビューではうまく貼れないとの報告が多数でした。
中国製の粗悪な液晶保護フィルムの貼り付けなら幾度と無くやってきているので実力が試されます。
私はA-oneが推奨している半分を折って(台紙に折り目がある)位置を決めてから貼り付ける方法で行きました。

e-passに貼った
ちょっとだけ大きいので少しはみ出ますね。
小さいよりかは修正が効くのでいいですが、1mm無いくらいなので誤差範囲だと思います。
それよりも、気泡がどうしても入ります。
スマホの保護フィルムはホコリとの戦いですが、こちらは何と戦っているのかわかりません。
e-pass自体に元々傷こそありますが気泡の原因になるまでの傷じゃないしステッカー側の性質ですかね?


Aimeにも貼りました
こっちは気泡が結構入っちゃったので1回剥がして貼り直しましたが、Aimeの塗装が結構持ってかれました。
粘着力は強いみたいです。

ステッカーについては以上です。
今までICカードのステッカーは欲しかったのでちょうど良かったです。




0 件のコメント:

コメントを投稿