2016年2月19日金曜日

AnkerのMicroUSBケーブルとAukeyの急速充電器を使ってみた

ちょっと前にブログでもネタにしたのですが、私の家の充電環境はかなりひどいです。
いつか改善しようとは思っていたのですがなかなかその時は来ず年は明けもう2か月が経とうとしております。
そして、さすがに耐えれなくなってきたのでしっかりとした充電器と充電ケーブルが欲しくなったのでAmazonで購入しました。
最初はどちらもAnker製に揃える予定だったのですが、いつの間にか充電器がAukey製にすり替わっていました。
届いた時に気がついたので驚きましたが、実は充電器をタイムセール中に6ポートなのに安い!と思いカートに入れてあったAnker製の充電器と取り替えてしまったんですよね。
最初はAnker製だと思っていたのですが届いてみるとAukey製でした。
ちなみに最近名前を聞くようになったAukeyですが、実はAnkerより前から会社は存在していて性能もいいという記事を何処かで見た記憶があります
とまあ前置きはこのくらいにして製品のほうを見ていきたいと思います

届いた時
この時右の箱にAukeyと書いてあって初めて気が付きました

しっかり商品名にAukeyと書いてありました

めっちゃ社名もロゴも似てない?
Aのデザインも心なしか似ているように見えます
ではまずはAukeyの充電器の方から見ていきたいと思います




裏面
では開封していきましょう

なんだこれは
逆さまに開けていたようです。
開け直します。

よさ
シンプルな梱包は好感が持てます。

内容物一覧
充電器本体と電源ケーブルと説明書ですね。
USBケーブルは1本もついてこないのでこちらで用意が必要です。

充電器本体
マットな質感で指紋や傷が目立ちにくいデザインです。
プラスチック丸出しじゃなくていいです。

電源ケーブルをさすとこ
強そうな端子ですが充電するだけなのに家電とかで見ることのあるような端子だとは思っていませんでした。

USBポートが6つ並ぶ景色はまさに壮観
フルで使うことがあるかわかりませんが4つくらいは使うと思います。

説明書がグローバル
6言語対応とかどんだけ広い地域を相手にしているんですかね。
製品仕様

強さをアピール

保証期間18ヶ月とか長いっすね…
とまあAukeyの充電器はなかなか良さそうなものだと思いました。
でもこいつだけだと使えないのでAnkerの充電ケーブルにも登場してもらいましょう。

こっちがAnker
今回注文したのはAnker PowerLineという耐久性と高速充電に長けたケーブル6本入りセットです




パカッ
なんかめっちゃ入っとる。

それもそのはず6本入り
0.3mが2本、0.9mが3本、1.8mが1本です。
1本ずつ買うよりお得ですし、用途によってわけられるので便利だと思いました。
それにしてもすべてのケーブルにマジックテープがついていてしっかりしているな~と思いました。
最近は中華タブの付属ケーブルばっかり見てきましたから針金にビニールコーティングされた例のヒモで適当に梱包されているケーブルばっかり見てましたからね。

ケーブル自体はやや固めですが太くて耐久性はありそうです。
ケブラー繊維というものを使っているそうですが商品説明には防弾とか書いてあってこいつの正体がよくわかりません。
軽く調べてみたら強いということだけはわかりました。

説明書?
表と裏でHappy?とNot happy?がわけられており、めくると連絡先などが書いてあります。

反転してる
Happyから開くと製品詳細などが見れて、Not Happyから開くと連絡先が見れるようになってます。
じゃあこれ説明書じゃなくて連絡先表やん。

さてさてこれで製品自体は紹介しきったのですが(充電速度なんて中華スマホで測っても意味ないやろし…)
最初に書いたように私の家の充電環境の改善のためにこれらを買いました。
それではまずは購入前の充電環境を御覧ください。


なんじゃこりゃー!(民安ともえ)
ダンボーも驚きのあまり卑弥呼の髪型になってしまいました(木属性キラー
ごたつきすぎだってはっきり分かんだね。
右上の書類とか中学の教科書とかは正直全部いらないので全部捨ててもいいのですが、それ以前にケーブル類が散乱しています。
100円ショップの自称2A対応ケーブルとかスマートウォッチ用の充電器とかいろいろです。
ちなみに充電器は何を使用していたかというとBaffaloのタブレット用USBハブです。

充電するためだけに使っていました
4ポート+MicroUSBで合計5ポートの充電が可能ですが充電するための機器じゃないですし無駄にでかいしケーブルが3方向からトライデントレーザーのように出てくるので邪魔です。
ちなみにコンセントの方に2A出力と書いてあったのでケーブルさえ良ければ急速充電できた可能性はありますが充電専用機器のほうが多分強い(多分)
そしてAnkerの充電ケーブルとAukeyの充電器を使用するとこうなります

そこそこ片付いた
今持ってるスマホ・タブレット・スマートウォッチが6台ですが全部使ってるわけでもないので2ポートしか使ってないですが充電ケーブルはだいぶすっきりしました。
充電速度の計測などはしませんが最後の最後までAukeyとAnkerの違いはわかりませんでした。
でも多分この二人ならしばらく家の充電環境は大丈夫でしょう。

おわり




0 件のコメント:

コメントを投稿