2015年2月23日月曜日

ZGPAX S6のレビュー(5) 総評 結局スマートウォッチとして使えるのか

ここ1ヶ月間こいつを使ってきて、色々とわかったことがある
それは、こいつはどうあがいてもOSがAndroid4.4.2なんだということである

これは買う前から、むしろ去年の今頃のZwatch(同じくAndroid4.4搭載スマートウォッチ)を買う前から分かりきっていたことであり、今更取り上げるほどのことではないのである。
だがしかし、実際に使ってみて分かることと考えていたことは思っていた以上に違うものだった

Android Wearと何が違うのか。
Android WearじゃなくてもAndroidから機能が削られただけのOSに負けるわけ無いだろ。
Play Storeでアプリダウンロードできるしなんでもできるだろ。
3G機能が付いてるんだし最強に決まってるやろ。

考えればきりがないほどこいつには期待をして、Root化からXposedの導入まで俺のできることはやってきたつもりだ。
少なくともスマホと連動し通知を確認するまでのことはできるようにはなった。
他にも細かい部分で最適化をして来たしこいつの良さは存分に楽しんだ。
しかしこいつはAndroidなのだ。決してAndroid WearではなくAndroid4.4なるものなのだ。




ここまでねちねちと書いてきたが結論を言おうと思う。
これはスマートウォッチでありながらスマートウォッチには最適化されていない。
更に言うならばおもちゃとして割り切れば最高のデバイスだ。

スマートウォッチに必要な機能とはなんだろうか。
思いつくだけ箇条書きにしてみよう


  • 時間が確認できる
  • スマホとの連動で通知を見るなりなんなりできる
  • おーけーぐーぐる

少なくともこのくらいか
おーけーぐーぐるってのはあれだ、しゃべると天気とか調べてくれるやつ
この中で大事なのは時間が確認できることとスマホの通知を見れること
どれもこいつでできることではあるが、Android Wearとして発売されているスマートウォッチとは明らかに違う点があるのである

めんどうくさい

どのくらい面倒なのかというと、袖の中に埋まっている(冬)スマートウォッチを袖からだし、手前にあるボタンを押し電源をつける。
ここまでで時間を確認できる。
一見簡単そうに見えて普通の時計より厚みのあるこいつを掘り出すのは面倒極まりない。
しかもボタンをおすために袖を余分にまくらないといけないのでなおさらめんどくさい
ただそれだけである
1日になんどもする動作は、少し面倒なだけでその積み重なりが大きくなりストレスとなるのだ。
この面倒臭さを耐えれる人は買いだろう

ちなみにおーけーぐーぐるはできない。
おーけーぐーぐるはこいつの標準ランチャーが邪魔をしているらしく設定できなかった
しかもランチャーを変えるとステータスバーが拗ねて引っ込んでしまうのでこれはどうしようもない

では一体Android Wearにはできない何ができるのか。紹介していきましょう


カメラ


スマホほどではありませんがメモ程度には十分な画質のカメラを搭載しています
位置的には、取りたい対象より少し低めに傾けないと撮影できないのですが、腕が太い人ならまっすぐ向けて撮影できるかと思います


どちらもタブレット全体が映るようにカメラを向けていますが気持ち下目になっているのが分かるかと思います
ちなみにPlayストアから無音カメラをダウンロードして音を消すことも可能です
盗撮もやろうと思えば…できないこともないかもしれない

使い道といえば、手軽にメモを残せたりする程度でSNSに写真をこれでとってアップロードする一連の動作をするならポケットからスマホを取り出したほうが早いかもしれません
画像だけを単純に共有するだけならこいつだけで十分ですがコメントをつけるとなるとスマホ出したほうが断然早いです

他にも、ユーストリームのアプリを入れて常時配信させ小型監視カメラという使い道もできると思います
電源供給はコンセント1つですしコッソリ監視しようと思えばササッと設置できそうです
やるかやらないかはあなた次第
大容量モバイルバッテリーを接続してコンセント要らずで監視カメラという方法も…
考えれば考えるだけ夢が広がる端末でございますまったく

ゲーム

前記事でも取り上げていますが、割と何でも動く感じです。3D関係でなければ
モンストのマルチもGPSを使って快適にプレイできますしサブ機としてどうですかね?
一人で手軽にマルチプレイがどこでもできます!
詳しくは前記事でどうぞ!

録音機

マイクが付いているので録音もできます
最近は70歳のおじいちゃんが事情聴取を録音し一転攻勢に成功すると言う事案もありますし割りと録音機としての使い道はありだと思います
大事な場面で録音させてぜひこいつのMicroSDを警察に提出していただきたいものです
テレビで「時計型端末で録音した音声の証拠により~」とかいう発言があった日にはこいつのことを思い出していただきたいぐらいです

ミュージックプレイヤー

イヤホンジャックがないのが唯一の弱点か、くらいのミュージックプレイヤーで、Bluetooth接続すればなんの問題もありません
腕と耳が有線でつながってるとか怖い時代にはさせないゾ。という意気込みが伝わってきますね

再生方法はMicroSDに音楽を入れるのもいいし(本体メモリは使うな)YouTubeやニコニコ動画の音楽をストリーミングさせるのも全然いけます。
こういう時に役に立つこいつら

僕はnicoid派でした。
しかも田舎なのでスピーカーからガンガン音を出して自転車に乗ってました
俺が学校から帰る時なんて誰も外うろついてないし(震え声

ちなみにMicroUSBをイヤホンジャックに変換するアダプタもありますが、こいつのMicroUSBがまず端子の長いやつじゃないと挿さらないので、まずは端子の長いMicroUSBケーブルを挿し、それをMicroUSBメスに変換し、されにそれをイヤホンジャックに変換してやっとイヤホンにつなげて音が出るかどうかってところです。
興味がある方はぜひやってみてください。
ただBluetoothイヤホンのほうがケーブルよりも安いですし汎用性高いです



マップ

Google マップが標準で入ってます
3G対応だから外出先でも全国の地図を見ることができます

空港写真もバッチリ
空港写真だともう少し拡大しないと何がなんだかわかりませんけどね
ストリートビューもできることを考えると優秀な地図です

Google マップのナビも使用可能
道案内を腕元で喋って教えてくれます
有能アンド有能

もうこいつ一人でいいんじゃないかな


共有ストレージ

どういうことかって言うと、こいつにはMicroSDスロットがあってその気になれば32GBや64GBまで読み込めるわけで、そんな容量が手元にあればOneDriveやDropboxを使わずともスマートウォッチからBluetooth経由で送ったほうが全然スマートじゃねぇかってことだったりして。
割と使い道はあると思うんですよ。3GとBluetoothもあるし。
まあ人によるかなって感じではありますが
データを持ち運べると考えれば音楽を入れるでもいいしアプリを入れれるだけ入れるでもなんでもいいんですけどね。

とまああこいつだってこいつなりにいいところはあるんですよ。
使いこなせるかは別として。
それにカスロムを作れるような人なら好きなだけ自分好みにできますし最強デバイスの完成です

この機種についてはこの辺で区切りをつけますが、何かありましたら教えて下さい。お応えいたします

最近在庫が目に見えて減ってきています(ガチ
お求めの方は急いだほうがよろしいかと