2014年9月7日日曜日

同じようなスペックの端末を買ってみてわかったこと

Xperia ZとF-02Eを買ってホカホカしていたひらちょんです

 


 今持っているAndroid端末が左からNexus4とF-02EとXperia Zの3台になりました

さて、この3台のスマホですが、スペック的に似ていて解像度かCPUのどちらかが同一スペックになっているんです。

スペックは以下のとおり

端末名 Xperia Z Nexus4 F-02E
CPU性能 Snapdragon S4 Pro
APQ8064 1.5GHz
Snapdragon S4 Pro
APQ8064 1.5GHz
NVIDIA Tegra 3 AP37
1.7GHz
画面解像度 1920×1080 1280×768 1920×1080
RAM 2GB 2GB 2GB
画面サイズ 5インチ 4.7インチ 5インチ
OS 4.4.2 4.4.4 4.1.2

スペックの同じ部分を赤字にしています。
FHDを搭載するスマホが出始めてきた時期に出てきた機種たちですが、Nexusは他機種に比べ解像度が抑えられて4GLTEにも対応していない機種でした。
今回は動作関係のスペックについて書きたいので通信速度などスペックに関係ない部分には触れません。

僕はいつも端末を買うときには数値上のスペック、いわゆるCPUのクロック数やRAMの多さや解像度で端末を選んでいました。
そして世間ではARROWSは発熱がやばいから買うなとも騒がれていた時期でしょうか。スペック的にはハイエンド級のスマホを未だに出していますが、富士通のスマホ=文鎮 なんて時代はIS04の頃に終わっていたと思っていました。

その点Xperiaはデザインもよくスペックはそんなにハイエンドを出さない(DOCOMOの2013年のツートップがXperia AとGalaxy S4でスペック的には負けていたりして)印象でしたが動作は安定していると感じていました。実際日本初XperiaのSO-01Bもスペックの割に不満のない動作をしていました。

Nexus 4に関してはGoogleが作った(正確にはLG)スマホだし安定して動かないわけがないだろ。としか考えていませんでした。実際今となってはイオンの格安スマホでようやく日本上陸を果たせて海外版を買った俺は何なんだ!!という感じですが1年前の機種とはいえOSは最新でヌルヌル動いていました。

という感じに各機種ともそれなりに購入前に思っていたこと(Nexus4は購入後の感想も)を書きましたが、実際スペック的にはだいたい同じやし解像度の低いNexus4かクロック数が一番高いF-02Eが一番良く動くと思っていました。
しかし、買って実際に触ってみるとF-02Eはガックガクでした。スクロールすらカクつく。発熱が止まらない。正直2年間縛りで使いたくない機種です。
でもクロック数は高いしアプリに最適化できなかっただけだろう、と思いベンチマークテストを3機種同時に起動直後に行ってみました。
すると更に意外な結果が出ました。

 
 
ふぁ!?!?!?!?!?!?F-02Eだけスコア落ちすぎやろ!!!

端末名 F-02E Xperia Z Nexus4
ベンチマーク 10827 22289 24287



左からF-02E、Xperia Z、Nexus4の結果です。
CPU、RAM、GPUの3つで大きくF-02Eが負けていて目も当てられない状態に
一体彼はどうしてしまったのか、謎に包まれたままです。

考えられる原因
Android4.4がサクサクしすぎてAndroid4.1のF-02EがOSに足を引っ張られた
Tegra3が糞
ハードの作りこみが糞
FHDを支えるのはやっぱり難しい(Xperia Zは難なく動いてる

今回わかったこと
富士通は糞!SONYのXperiaかGoogleのNexus、買おう!

スヤァ…

*こんなクソ適当レビューの信憑性なんて0に近いんだから富士通のスマホが悪いなんて思っちゃダメだからね!